近年、少子高齢化に伴った労働者の不足が懸念され、女性の潜在的労働力に注目が集まっています。
女性にとって、働きやすいオフィス環境づくりに力を入れている企業も多いのではないでしょうか?

今回は女性にとって嬉しい福利厚生サービスをご紹介します。

最近の就活生は、給料よりも福利厚生を重視するというデータも!

株式会社マイナビが実施した2019年卒マイナビ大学生就職意識調査によると、
企業選択をする際、どのような企業がよいと思いますかという質問に対し、
勤務制度、住宅など福利厚生の良い会社を選択した割合は、
文系女子は17.6%、理系女子は18.4%
文系男子の10.7%、理系男子の10.0%を大幅に上回っていました。

このことから、女性は福利厚生をより重視する傾向にあることがわかります。
(参照:http://mcs.mynavi.jp/enq/ishiki/data/ishiki_2019.pdf)

女性に喜ばれる福利厚生サービス
それでは、福利厚生を重視する女性に特に喜ばれるサービスをいくつかご紹介します。

・Women’s All In One service

日本の働く女性をサポートするキャリア支援型のサービスです。
労働市場への女性進出が増加傾向にある中で、
キャリアセミナーや資格取得など、キャリアアップの
サポートなどはとても嬉しいサービスなのではないでしょうか。

また、ベビーシッター、病児保育、家事代行などのライフサポート
も提供しており、女性のワークモチベーションの向上が期待できるでしょう。

・キッズライン

女性の社会進出の影響により、
出産後も仕事を続けていきたいと考えている女性は多くいらっしゃいます。
共働き世代の増加により、子供を安心して預けられるサービスが人気になっています。

法人契約を結んだ企業の社員は、
自宅でのベビーシッターをリーズナブルな価格で依頼できるサービスです。
また、ベビーシッターの口コミをリアルタイムで見ることができるため、
安心して依頼することが特徴的です。

・CaSy

法人向けに提供する従業員のための家事代行サービスです。
従業員は、家事の時間を家族団らんや勉強、休息に充てられるようになります。

共働きをしている家庭であっても、
女性の方が家事の負担が重くなってしまっていることは少なくありません。
家事の負担を減らすことで、仕事の生産性の向上にもつながります。

また、社員の食事を作ってくれる出張型社員食堂サービスを展開しており、
食堂やキッチンがなくても従業員の健康をサポートしてくれます。

・snaq.me office

オフィス内におやつを購入できるスペースを設置する、
置き菓子タイプのサービスです。

上白糖、ショートニング、添加物などを
一切使用せずに作り上げたおやつ100種類以上から
厳選してオフィスにお届けします。

毎月、企業ごとにリクエストや人気商品などをヒアリングし、
企業ごとにラインナップを最適化していきます。

健康的なお菓子をオフィスで簡単に手に入れることを可能にし、
また女性が求める職場でのリラックスした空間を作ることができます。

Related Blogs