office.snaq.me(オフィススナックミー)をご導入頂いている企業様へのインタビューシリーズ2。
今回は、急成長している株式会社MUGENUP様に伺ってきました。

<ご利用状況>
プラン:S
タイプ:返還タイプ
業種:情報通信

導入企業のインタビュー者

株式会社MUGENUP様について

「創ることで生きる人を増やす」をミッションに、
自社開発のクリエイティブ制作システムやテレワークを通して下記の事業を行っています。

・メディア事業
・人材コンサルティング事業
・ イラストや3DCGなどのクリエイティブ制作事業
・コンテンツ制作及びライセンス・マーチャンダイジング事業

①福利厚生サービスを導入する際の判断基準はありますでしょうか?

導入したサービスが、実際には社員にあまり使われなかったという事例も過去にありましたので、
社員が日常的に利用できるようなサービスというのが大きな基準です。
現在はスナックミーオフィスを始めとするおやつ類とドリンク類を導入しています。

②導入までのプロセスをお伺いしてもよろしいでしょうか?

スナックミーオフィスに限らず全ての福利厚生サービスに言えることですが、
まずはトライアルという形で試験運用をしています。

サービス内容や費用などは導入前に把握できますが、実際に運用してみないと分からない事が多いと考えています。
また、最終的な利用者は社員なのでトライアルを通して実際に利用してもらいフィードバックをもらっています。
好評だった場合は、そのまま導入という流れです。

③スナックミーオフィスを実際に利用してみて、いかがでしたでしょうか?

導入企業の利用している状況の風景写真
導入企業の実際の利用している状況の写真
弊社としては、コンビニでは売ってないようなスナックを提供できているのは嬉しいです。
また、毎月違った種類のおやつが届くので、社員も飽きずに利用し続けています。
それでいてヘルシーなのでありがたいです。運営方法も、月に1回の補充だけなので非常に助かっています。

また、社員からは様々な面からメリットを感じて頂けているようです。
(下記一部記載)

■味
・素朴な味で、素材の味が生きてる。
・自然な甘さなので、後味が引かず、コンビニスナックより食べやすい。

■ちょうど良さ
・小腹がすいた時に量が多すぎず、ちょうどいい。
・50円でコーヒータイムが潤うのはとてもいい。
・飽きる前に食べ終わるちょうどいい分量。

■バリエーション
・しょっぱいものも、甘いものもあるのがいい。

・品揃えが毎回変わるから、「何がきたのかな」というワクワク感がある。
・思ってた以上に種類があってびっくり。
・選ぶ楽しみがある。

■女子受け
・カロリーが低いのがうれしい。
・パッケージがあけやすい!
・ナチュラル・ヘルシー・オーガニック、とかいうワードにぴったり!

③積極的にオフィス環境への投資を行われているのはなぜですか?

弊社ではクリエイターやエンジニアが多く働いています。
業務上、高い集中力や創造性が必要な職種ですから、自身のコンディションを保つために昼食の時間や量に気を使っている人もいるんです。
そんな人でも糖分補給などをしてもらえる環境をつくり、集中と休憩の適度なバランスをとって働いてもらいたいなという思いがあります。

④福利厚生を検討されている企業様に一言。

企業として、社員の労働環境をケアすることはとても重要なことだと考えています。
世間には様々な福利厚生サービスがあります。どれを導入するべきか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

弊社としては、福利厚生サービスに絶対的な正解はないと考えています。
企業の成長フェーズ、社員数、価値観などによってニーズが異なるからです。なので、現時点でなにかサービスを導入したいと考えている企業様は、フットワークを軽くし、まずはトライアルとして試験運用してみるのはいかがでしょうか。
そこから社員の感じている課題感をしっかりと理解し、最適解を見つけることができれば有意義な投資になると思います。

Related Blogs