アメリカのおやつ事情

近年、低糖質やグルテンフリー、ビーガン対応など食の多様化のニーズにあうお菓子の需要が増してきています。
健康先進国と言われているアメリカでは、ヘルシースナックの需要が急速に増してきています。
高タンパクなもの、低糖質なもの、添加物を使用していないものなど、様々な機能性を持ったヘルシースナックが人気になってきてます。
理由として、ミレニアム世代の健康に対する意識が高まっていることにあります。
ミレニアル世代は価値観や考え方の多様化により、ウェルネスへの高い気持ちからヨガや運動を日常に取り入れていたり、
タバコやお酒の消費も少なくなってきています。

アメリカで人気の置き菓子サービス3選

・SNACKNATION

2014年にサービスをローンチしてから右肩上がりで成長を続けているオフィス置き菓子サービスの大手です。
取扱い商品は、ナッツ、ドライフルーツ、グラノーラ、ジャーキーなど5000種以上。おやつを試食をするためだけの専門スタッフが毎月のお届けスナックを選定してくれます。

・NatureBox

”リアルフード”をテーマに、ナッツ、ドライフルーツを主原料にしたスナックのみを提供しています。
オフィス向け用に従業員1人にあたり20ドル(月額)でナッツ・ドライフルーツの食べ放題プランを提供しています。
健康先進国と言われているアメリカで人気に高いサービスになっています。

・Healthy Surprise

原料に強いこだわりをもった商品のみを取り揃えています。
添加物を使用していないのはもちろん、好みに合わせてグルテンフリー、GMOフリー、ソイフリーなどのカスタマイズが可能です。

日本で人気の置き菓子サービス3選

・オフィスグリコ

日本ではなじみの深い江崎グリコが提供するオフィス向けの置き菓子サービスになります。
月額費用はかからず、空きスペースに設置するだけです。
定期的に従業員は補
充に訪れるため、運営管理などは一切ありません。

・snaccuru(スナックル)

日本のフードロス問題を解決するため、
小売店で販売できないヘルシーおやつをリーズナブルなお値段で提供しています。
QRコード決済なので、現金管理の手間もなくご利用いただけます。

・snaq.me office

無添加のヘルシースナックを毎月お届けする福利厚生サービス。
”おやつ体験”をキーワードに異なった商品を毎月お届けします。
取扱商品はすべて無添加のものなので、安心してお召し上がりいただけます。
それぞれの商品の一言メモが届くため”お菓子体験”を後押ししてくれます。

国内外で人気のオフィススナックサービスをご紹介いたしました。
海外では身体に気を遣ったおやつが人気ということが分かりました。
この機会にぜひ会社のおやつ文化を変えてみてはいかがでしょうか?

Related Blogs